カネルブッレでフィーカしよう。

カネルブレッドの始まりから何度も改良を重ね焼き続けているパンのご紹介です。カネルブッレ、ちょっと聞きなれない名前かもしれません。スウェーデンのシナモンロールで、シナモンの他にカルダモンが効いているのがポイント。上にのっているつぶつぶのニブシュガーという砂糖の食感は金平糖のようで、どこか懐かしい味わい。スウェーデンには街の至る所にカフェがあり、一日のうちに何度もお茶をする、フィーカという文化があります。そのフィーカの時に食べるのが、濃いめのコーヒーとこのカネルブッレ。仕事の合間に一息いれる、何かの計画を立てる、そして家での安らいだ週末に。美味しいカネルブッレが手に入ったからお茶でもしようか、なんて、言い訳しながら日に何度も休憩をして、幸せな気分になっていただけたら。それこそパン屋冥利に尽きますね。カネルブッレでフィーカの時間を!