食欲の秋 ロデヴの美味しい食べ方

先日遠方からお越しのお客さまが、ロデヴの美味しい食べ方を教えてくださいました。パンの食べ歩きがご趣味で、パンのために関西まで足を運んだりもされているとか。那須方面に来ると必ずカネルブレッド に寄ってくださっているのだそうです。そのお客さまおすすめの食べ方です。ロデヴを薄くスライスして溶かしたチーズに絡めて、チーズフォンデュで食べるのがお気に入りなのだそう。チーズも那須のチーズ工房で買ってきてあるのよ、と。それは素晴らしいペアリング。ロデヴを売ってるお店ってまだそんなにないわよね、ここのはとても美味しい!と嬉しいお言葉をいただきました。ロデヴは、フランスパンの1、3倍もの水を入れて水分量の多い生地から作られるハード系のパンです。生地が柔らかく、職人の腕を問われるパンでもあります。外側はパリッと、中はもっちりしっとり、シンプルな味で料理と合わせやすく、ついつい手が伸びるパンなのです。ロデヴは、南フランスの山間部にある町ロデヴに伝わるフランスパン「パン・パイアス」。日本では、地名にちなんで「パン・ド・ロデヴ」と呼ばれています。一口食べたら南フランスの陽光と鮮やかな色彩に豊かな田園風景や石造りの城壁の街へ、あっという間に想いが飛んで行く。パンをよく知るお客さまのおすすめの食べ方、ぜひお試しください。