2020.02.07 / 日々のこと

麦踏み

11月に那須の畑に蒔いたライ麦、
お店の定休日にみんなで2度目の麦踏みをしてきました。

寒害、冷害の原因となる霜柱や風による根の浮き上がりを防ぎライ麦が地中にしっかりと根を張れるように、
また、土をぎゅっと押し付けて湿度のある状態にしてあげること、
草をわざと踏んで傷つけることで徒長を防いだり、茎が太くなることで、風に強い麦に成長するように、
麦踏みにはいくつかの理由があります。

雨風や、実をつけた自分の重さに耐えられる太くてしっかりとしたライ麦になるように。
みんなの足で一歩、一歩と踏みしめてきました。

まだまだ小さくて柔らかいけれど、僕らのライ麦、順調に成長しています。